色打掛👘

皆さんこんにちは💕

 

 

本日のブログは色打掛👘を説明

させていただいきます‼️

色打掛とは色地の打掛けに金箔や刺繍が

されている

「キモノ・ガウン」のことをいいます。

 

 

白無垢より格下の装いでしたが

現在では正礼装とされている。

 

 

江戸時代に入って豪商や富裕な町家でも

着られるようになり、次第に一般にも

婚礼の礼服として普及しました。

 

 

色打掛には、地文の入った色地に

赤や緑など華やかな色で(松竹梅・鳳凰・鶴亀

御所車)といっためでたい【吉祥文様】を

刺繍した打掛や、織や染、白地に金糸、

銀糸よる刺繍や印金・箔などの技法で

吉現した施した打掛があります

 

 

 

 

 

 

和装の場合、結婚式においては、

挙式は白無垢、披露宴は色打掛という

パターンが定着しています。

 

 

日本古来からの和装👘

💕おススメです💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)