結婚式に関する知識🧐

皆さんこんにちは!

本日は何気なく使っているけど、詳しくは

知らない😂 そんな【結婚式】💒の豆知識です

 

 

“結婚”を表す英単語でよく見かけるものって

3つあります!

「マリッジ(marriage)」「ウエディング(wedding)」「ブライダル(bridal)」

「どう違うの?」と聞かれるとはっきり答え

づらい…

みなさんはいかがですか?

それぞれの意味を調べてみました。

 

まずは「マリッジ(marriage)」

マリッジリング、マリッジブルーといった言葉がよく聞きます。

辞書に載っていた意味は《結婚》《〜との婚礼》など。

その他《融合》《一致》などの意味もあり、

「2つのものが結ばれる」という行動や事実を表す言葉のようです。

※エンゲージリング 婚約のしるしとして男性から女性に贈る指輪。婚約指輪。

 

次は「ウエディング(wedding)」

意味は《結婚式》《婚礼》もしくは《結婚披露宴》

どうやら結婚にともなう儀式や式典そのものを指す場合に使われることが多いようです。

そういえばウエディングドレスや、ウエディングケーキなど、

結婚式(もしくは披露宴)当日限定のものに使われることが多い気もしますね。

 

最後は「ブライダル(bridal)」

これは通常、形容詞として使われていて、元となる名詞は「bride」。

そう、「ジューンブライド(June Bride)」のブライドで、意味は“花嫁”。

つまり「ブライダル」とは《花嫁の》という意味なんですね。

ただ最近ではブライダルリングや、ブライダルフェアなど、

“花嫁の”という本来の意味を超えて、

結婚関連の用語に広く使われるようになってきているようです。

2人が結ばれることを表す「マリッジmarrige)」!

結婚式や披露宴を指すことが多い「ウエディング(wedding)」!

もともと“花嫁のための”という意味をもつ「ブライダル(bridal)」!

やはりそれぞれ少しずつ違いますね!

特に「ブライダル」という言葉は、【花嫁の】という意味であったことを知り結婚💒式は花嫁様メインのイベントだと感じました💋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)