素敵な話‼️

皆さまこんにちは😊

いかがお過ごしですか?

本日のブログは以前ブログで紹介させていただ

いた内容です。素敵な話なんでまた紹介させて

いただきます❗️

【微力は無力じゃないと信じて】

【ホウキの先ほどの…】

ヘレンケラー何も見えず、何も聞こえず、何も話せない。

完全な闇・・・

三重苦というとびきりの障害をもちながら、アニー・サリバンという最高の教師の力を得て成長し、世界中の福祉に貢献した、誰もが知るとびっきりの偉人です。

彼女の力が、どれほど世界中に莫大な力をおよぼしたか、どれほど多くの人々を救ったか、今さら語るまでもないでしょう。

「なぁんだ~、よくある偉人のおはなし?」

いえいえ、これは、ニュー・イングランドにある精神病院で働く、名も知れぬ、普通のお掃除のおばさんのお話です。

彼女のはたらく病院の地下室には、「緊張型精神分裂病」と診断された10歳の少女の患者がいました。

何に対しても反応を示さず、ただ暗い地下室のベットにうずくまっているだけ。

少女は、もう回復の見込みはないと、考えられていました。

世界から見放され、一言も話すことなく、胎児のように丸まったまま、決して動こうとはしなかったのです。

以前はとても可愛らしい少女だったのですが、いまや日々、やせ衰えていくばかり。。。

彼女は、そんな少女の個室のまわりを、毎日掃除をしにやってきました。

そして、ドアの下のすきまから、食事をホウキの柄で、中に押し込みます。

彼女にも同じくらいの歳の娘がいたせいか、少女を不憫に思いますが・・・

そこはただの掃除婦、もちろん、何もしてあげることはできません。

そこで彼女は、せめてそこを去る前に、うずくまる少女の肩を、ホウキの先でそっとつついてあげることにしました。

「ねえ、あなたはひとりじゃないんだよ? 少なくとも、ここにあなたを気にかけている人間がいるんだよ」

という思いを伝えたかったのです。

掃除のおばさんには、この程度のことしかできませんでした。

ほんの小さな愛の実践です。

ホウキの先ほどの・・・

そんなことしかできませんでした。

でも、その程度のことしかできなくても、ただただ、伝えたかったのです。

だから、くる日もくる日も、彼女は、ホウキの先で、その少女を優しくつつき続けました。

そして、何週間か経ったある日のこと。小さな変化が起こりました。

ただ死を待つばかりだった少女が、なんと、自分の手で、食事を受け取るようになったのです。

さらに時が経つにつれ、少女は座ることもできるようになり、掃除婦のおばさんと話をすることまでできるようになったのです!

こんなことって、ありえるのでしょうか?

偉いお医者たちでも、完全にお手上げだったのに??

こうして少女は、やがて奇蹟ともいえる回復をとげることができたのです。

それから何年か経った、あるうららかな春の日。

その精神病院の院長は、アラバマ州のひとりの紳士から、ある依頼を受けました。

その紳士のお子さんが、重度の障害児で、世話をしてくれる人を探しているというのです。

その頃、あの奇跡的な回復をとげた少女は、20歳になっていました。院長は、自信をもって、その彼女を、紳士に紹介しました。

彼女の名は、アニー・サリバン。

そう、ヘレン・ケラーの偉業を生みだした教師です!

地下室でただ死を待つしかなかった、あの少女が、です。

ヘレン・ケラーの世界的偉業。

それは、アニー・サリバンが、創り出したということは、今や万人が認める所です。

でも、ちょっと思い出してみてください。

そのアニー・サリバンを創り出したのは、誰なのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)